多くの人に宣伝ができるカタログスタンド|便利な宣伝方法を知ろう

ウーマン

最も強力な広告手段

はがき

高い費用対効果

企業は自社の商品やサービスを販売・宣伝するためにさまざまな広告手段を駆使しています。テレビCMや新聞・雑誌などの広告はその代表的な例ですが、近年ではインターネット広告やメールマガジンといったデジタル・メディアを使った新しい広告形態の重要性が高まっています。そんな中でも、インターネット普及以前から使われていたダイレクトメールは依然として強力な広告手段です。特定の個人または法人に対してピンポイントに情報を伝えられる点で、ダイレクトメールの魅力は今なお色褪せていません。ダイレクトメールの手法を上手に活用すれば、高い費用対効果を得ることも十分に可能です。取り扱う商品やサービスによっても違いは出てきますが、一般にダイレクトメールは1000通発送した中から3件の購買行動に結びつけられれば成功と言われています。不特定多数に向けた広告手段の場合は、それよりもはるかに低い確率でしか購買行動に結びつかないのが普通なのです。

信頼できる外部委託先を

広告手段としては極めて効果の高いことが実証されているダイレクトメールですが、必ずしもすべての企業がこの方法を活用しているわけではありません。その理由として無視できないのが、発送に関わる人件費の問題です。ダイレクトメールを発送するためにはチラシやカタログなどの作成・印刷から封入に至るまで、予想以上の手間がかかるものです。しかしながら現在では、ダイレクトメール発送業務を代行業者に外部委託する形態が一般的となっています。代行業者は印刷から発送まで、ダイレクトメールに関わる作業全般を一貫して引き受けています。徹底したコスト削減によって低価格化を実現させているため、自社で人件費をかけるケースと比較してはるかに低コストなダイレクトメール発送が可能となるのです。そうした代行サービスを利用する際には大事な顧客情報を取り扱うのですから、信頼できる業者を選ぶことが重要です。実績のある業者であればセキュリティ管理にも万全な体制を敷いており、プライバシー保護に抜かりはありません。こうした代行業者をうまく活用することで、費用対効果の高いダイレクトメール発送が実現できるのです。